飲食


6 飲食店営業の意義
「飲食店営業」とは、「設備を設けて客に飲食をさせる営業で食品衛生法(昭
和22年法律第233号)第52条第1項の許可を受けて営むもの」をいう
。ただし、
接待飲食等営業又は店舗型性風俗特殊営業に該当するものを除く。

(1) 「設備を設けて」とは、客に飲食をさせるための設備を設けることをいう。
したがって、屋台等で単に立食をさせる営業は含まれないが、屋台等でも、卓
又は椅子等を設けて客に飲食をさせる営業は含まれる。

(2) 「客に飲食をさせる」とは、当該設備において客に飲食をさせることをいい、

単に調理をして飲食物を販売する仕出し屋、弁当屋等は含まれない。


(3) 他の営業と兼業しているかどうかは問わない。
7 酒類提供飲食店営業の意義
「酒類提供飲食店営業」とは、「飲食店営業のうち、バー、酒場その他客に酒
類を提供して営む営業(営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供し
て営むものを除く。)」をいう。
(1) 「酒類を提供して営む」とは、酒類(アルコール分1度以上の飲料をいう。)
を客に提供して営むことをいい、提供する酒類の量の多寡を問わない。
(2) 「営業の常態として」の解釈については、次の点に注意すること。
ア営業時間中客に常に主食を提供している店であることを要し、例えば、1
週間のうち平日のみ主食を提供する店、1日のうち昼間のみ主食を提供して
いる店等は、これに当たらない。
イ客が飲食している時間のうち大部分の時間は主食を提供していることを要
し、例えば、大半の時間は酒を飲ませているが、最後に茶漬を提供するよう
な場合は、これに当たらない。
ウ「通常主食と認められる食事」とは、社会通念上主食と認められる食事を
いい、米飯類、パン類(菓子パン類を除く。)、めん類、ピザパイ、お好み
焼き等がこれに当たる。


では、持込みの場合はここでは
、「設備を設けて客に飲食をさせる営業で食品衛生法(昭
和22年法律第233号)第52条第1項の許可を受けて営むもの」をいう
ので、
それがないものはこの該当外