『永遠の0』

でおなじみのゼロ戦。

耐久性0ともいえるこの戦闘機、欧米からは「パイロットの人命軽視」など、摩訶不思議といわれたものですが、攻撃onlyで考えるとこんなすごいのが当時の日本にあったのか、といえるくらいの高性能。

防御力は皆無に近いですが、殺傷能力が高い。

そんなゼロ戦が、2017年、東京湾上空を飛びました。

テレビでたまに放送してくれる「レッドブル・エアレース」の一環です。

 

ニュースは以下短いですが引用です。時事通信より。

 

旧日本軍の戦闘機「ゼロ戦」の飛行が3日、千葉市の幕張海浜公園で行われた。プロペラ機でタイムを競う「レッドブル・エアレース千葉2017」のイベントの一環。