はい、Euviccです。前回の日記の時点で既にだいぶアヤシかったわけですが、まあ順当にヤラカシましたw

■パワータップ/サイクルオプス■ PowerCal (パワーキャル) 世界で唯一の心拍ストラップ型パワーメーター Bluetooth SMART/ANT+両対応 【品番 30240】

■パワータップ/サイクルオプス■ PowerCal (パワーキャル) 世界で唯一の心拍ストラップ型パワーメーター Bluetooth SMART/ANT+両対応 【品番 30240】

  • 出版社/メーカー: SARIS CYCLING GROUP
  • メディア:
  • この商品を含むブログを見る
……手を出しちゃったよついに(汗

正直ずっと思ってました。いつまで経っても初心者レベルから抜け出せない俺にパワーメーターなんて必要ないって( ー`дー´)キリッ だいいち、パワーメーターって高いんですよ。大抵の製品が普通に10万円を超えるのです。自転車にかける情熱/真剣度+時間、それに比例?する費用……まあ、ワタクシ程度のユルい自転車乗りでは些か割に合わない出費だったんですよね、一昨年ぐらいまでは(^^; そこでちらほら出てきたのが、コイツの噂です。
www.powertap.com
まあ既に2012年ぐらいから日本でも入手し使ってみてる人がいたようで、レビュー記事がぽつぽつ出始めてました。心拍計と一体になったパワーメーターです。なにそれ?どゆこと?(°д°)ポカーン
本来、パワーメーターはペダリングパワーを計測するもんだから、ペダリングに直結してねじれやひずみを検知して算出するのが普通。後輪のハブと一体化している同社のPowerTap G3だとか、クランクやらペダルやらに仕込む方式の、いわゆる本来のパワーメーターはみなそういう造りである。しかしこのPowerCalは心拍からパワー値を推測計算するらしい(°д°) どーゆーロジックなんでしょうね?
ペダリングにかける力と心拍なんて連動しなくて当たり前なのだから、当然精度は落ちる。が、あちこちのblogで情報をあさる限り、パワーのアベレージを見るのだったら充分使えるようだ。実際充分だよ俺レベルならさ(^^;
そしてなにより、俺に購入を決意させたのはその価格。なんと¥16,500也! 一般的な製品のおよそ10分の1じゃないですか!(°д°)ポカーン なんていうかね、IYHerとして心のしきい値が思い切り下がりましたw ええ、もう気がついたら「ご注文の確認〜」ってメールがAmazonから届いてましたね(ウヒヒ

開梱の儀はすっ飛ばしてとりあえずEdgeとペアリング

注文の時点で、確認メールに記載されていた納期は1/10過ぎ。ゆえに、届いたらじっくり試せばいいじゃん♪と思っていましたが、1/5から仕事始めで出勤したとき、昼過ぎあたりにポッと届いたメールに書かれた納品日はなんと

お届け予定日 佐川急便 1月6日(金) 時間指定なし

な、なんだってーっ!!
慌てて佐川のWebサイトを開き「時間指定19:00〜21:00」を設定。翌日1/6金曜は17:30に早上がりして家へとdash!! 19時15分前には帰宅し、その後無事に受け取ることができました\(^o^)/
恒例の「開封の儀」は急いでたのでskip……といいたいところだけど、とりあえず1ショットパチリ