この時期になると決まって太鼓の音が聞こえてくる。
だいたい夕方の6時くらいから夜の8時くらいまで。
しかもごく近所。たぶん近所の駐車場だと思う。

一体何をしているのかというと。
この時期に街のほぼど真ん中にある大きな神社で
「秋季例大祭」が行われる。
その際、飾り馬やらなにやらで人々が街を練り歩くのだ。
この練習を行っているのである。

おそらくこの「練習」はだいたい2週間くらい続くだろう。
練習期間の終盤ともなると掛け声まで出して本番さながらの
様相を呈してくるのがなんとも凄い。

こっちに引っ越すまで祭りらしい祭りを経験したことが無かった。
なので引っ越してきた年の、祭りの日の朝はとても驚かされた。
朝の5時から掛け声やらなにやらですさまじいのだ。
掛け声だけでなく太鼓やラッパや鐘…などなどとまぁにぎやか。
とにかくその音に圧倒されてしまった。

と、祭りの日の朝の様子は体験したことがあるけれど
実はその祭りのど真ん中まで行ったことはない。
今年くらいは出かけてみようと思うのだが…
果たして無事にたどり着けるかどうか。それが心配だなぁ。