ゴルフ初心者の練習方法

初心者は、練習場から始めるのがおすすめです。
ゴルフを始めよう、と思ったらまず一度練習場へ。
実際に一度打ってみると、雑誌などの初心者向けの解説もわかりやすいと思います。
ゴルフ練習場は、ネットで囲まれた空間で、ゴルフのボールを実際に打って練習する施設です。だから、打ちっぱなしというのです。




“飛ばす快感”・・・年齢、経験、性別、体力に関係なく
筋トレも練習もしないで400ヤードオーバーを叩きだし、ドラコンチャンプになった「最新スイング理論」
<< たった7分で50ヤード飛距離をさらにまっすぐ飛ばす、3つのポイントとは?






練習場への持ち物はグローブを用意しよう
練習場へ行くのに、そんなに身構える必要はありません。
身体を動かしやすい服装(スポーツウェアでなく、普段着で大丈夫です)で運動靴をはき、グローブだけ用意したら(もちろんお友達に借りてもO.K.)準備は完了。

※最初は、ゴルフシューズでなく運動靴でも大丈夫です。
クラブは練習場で借りることができますので、クラブを持っていなくても大丈夫。

練習場に行って気に行ったなら次は、ゴルフクラブ

いまからゴルフを始めようなんて方にクラブを揃える必要はありません。練習場などには貸しクラブがあります。1本当たり数百円で借りる事が出来ます。また、はじめは基礎練習からなので7番アイアンなどのショートアイアン1本が有れば十分事が足ります。

少し、スイングを覚えて来て打てるようになっても焦って新品のクラブを買う必要はありません。初めのうちはスイングが安定しないので中古のクラブで様子を見る事をおすすめします。


ゴルフに慣れながら仲間探し

ゴルフの最大の魅力は仲間作りにあると言っても過言ではありません。そもそもゴルフは4人一組で回る事を想定しているので4人はゴルフ仲間を見つけておく必要があります


コースでのルールを把握しておく


服装について

トップスは基本的に襟付きのシャツであればなんでもOKです。
ボトムスもジーパンで無ければ問題なく、今では、ハーフパンツでもOKなゴルフ場も増え、気軽に楽しめる傾向にあります。
女性ではスカートやワンピースで楽しむ方も増えてきています。

ただ、名門と呼ばれるコースでは、服装に厳しく、ハーフパンツNGのところもあります。
他にロビー内では、昔はジャケット着用が当たり前でしたが、これも今では名門コース以外では、特に厳しく言及しているコースは多くありません。
ただしTシャツにサンダルなどはNGです。

トップスもボトムスもゴルフ専用のものでなくてもよいですが、ゴルフ用に作られたウェアは動きやすさや通気性などに優れたものが多いので、できればゴルフ用に作られたウェアを準備することをオススメします。


ゴルフ場に行くときの服装

ゴルフ場によっては、かなり厳しいドレスコードがある場合があります。それはもともとゴルフが紳士のスポーツだから。サンダル・Tシャツでの入場はNGのところがほとんどです!
さらにゴルファーの間には、襟のついたシャツを着用、シャツはズボンの中に入れる、つばのついた帽子を着用、ただしクラブハウスでは帽子を取る、などが不文律となっています。最近は気にしない人も増えてはいるものの、男性ならジャケット着用、襟のついたシャツにスラックスの服装で入館をすれば間違いないでしょう。ゴルフ場によっては革靴の着用も必要。女性ならミニスカート、短パン、ミュールは避けましょう。入館する際はジャケットを着用すると無難。



コースを回るときの服装

プレーの際も、Tシャツ・ジーパンはNGです。というのも、Tシャツはもともと下着であり、ジーパンは作業服だったから。もちろんジャージもダメ。
プレーの際の服装は、ポロシャツなど襟付きのシャツにスラックスまたは半ズボンにハイソックスで、女性はゴルフ用スカートもOKですが、極端なミニはNGです。また、寒いのに無理をしてスカートをはき、さらにスパッツをはくのも嫌われる場合があります。肌の露出を防ぐ際はスラックスの着用がおススメ。とくに会員制のクラブでは細かい規定がある場合が多いので、不安ならゴルフ場に確認を。
ゲストで行く場合も、紹介してくれた人に対するマナーとして、ゴルフ場の規定を守りましょう!



ゴルフシューズ

ゴルフシューズは、スイング中に足がすべるのを防ぐために、スパイクがついています。
普通の運動靴で十分だと思う人もいるかもしれませんが、スイング中や斜面に打ち込んでしまったボールを取りに行く際にすべって思わぬケガをしてしまう可能性もありますので、ゴルフシューズをしっかり準備することをオススメします。
基本的にはソフトスパイクやスパイクレスの中から、自分の好きなブランド、デザインのものを選んで購入すればよいでしょう。


ゴルフのマナーを学ぶ

コースデビューの前に打ちっ放しで4~5回、できれば信頼できる経験者と、さらに可能ならば最初はプロにレッスンを頼んで集中的に練習すると効果的。最初はゴルフバーでもOKですよ。
もちろん経験者がいればいきなりコースデビューもOKだが、初心者だけでコースへ行くのはNGだという。
他の人に迷惑をかけたり、ケガをさせたりする可能性もあるので、ルールやマナーに関する伝達がないままでは危険なんです。



ゴルフクラブ(グリップ)の握り方
ゴルフクラブのグリップとは?

グリップ=握る所

手が添えられている黒い部分が【グリップ】です。テニスやバドミントンもそうですが、グリップはプレーに大きな影響が出る程重要な部分です。

この時、親指をグリップのセンターよりやや右側に持ってくると、自動的に親指の付け根が右肩を指すような形になるはずです。

こうすると、これまた自動的に左手人差し指と中指の拳頭が上から見えるようになります。

親指がグリップのセンターよりやや右側(このアングルだと左側)を抑え、その結果根元のでっぱりが右肩を指しているのがわかる。
これで左手のグリップは完成です。


右手は、付け根をグリップにあてがうようにして握り始めます。その結果、親指の付け根同士が密着するような感じになるはずです。右手を握りこむ直前。右手親指根元の膨らみで、左手親指を包みこむ形になります。その後、人差し指と親指でグリップを挟み込むように握ります。

右手人差し指の腹がグリップの側面を押さえ込んでいます。



グリップの握り方(指の絡め方)にも種類がある

オーバーラッピンググリップは、現在8割のゴルファーが採用しているといわれているポピュラーなグリップで、右手の小指を左手の人差し指と中指の間に置く握り方です。左手主導でスイングしやすく、スイング中にずれにくいという利点があります。


インターロッキンググリップは、右手の小指と左手の人差し指とを絡める握り方で、両手の一体感を保つことができます。右手主導でスイングしやすく、クラブを扱いやすいため、非力な女性には一番安定しやすいグリップかもしれません。


ベースボールグリップは、指を乗せたり絡ませたりせず、10本の指すべてで握るためナチュルグリップとも呼ばれています。両手でしっかり握れ、クラブも振りやすいため、ジュニアゴルファーやシニアゴルファーに多く見られるグリップです。


ストロンググリップとウイークグリップ

人指し指と親指の間の線が右肩よりも右を指すように握ればストロンググリップ(フックグリップ)と言い、フェースを返しやすくなるのでフック系の球が出やすくなります。力の無い人はストロング気味にグリップをした方が良いでしょう。反対に右肩よりも左側を指せばウイークグリップと言い、パワーのある人に多いフック系のミスを防ぐには向いています。

プレーヤーによっては、左手はウイーク目に右手はストロングに握る、といった場合もあります。また、パワーのある人でもストロングに握る人もいれば、その逆もあります。自分のスイングや握って振った時のフィーリングなども加味して自分にあった握り方を見つけましょう!


ゴルフ練習場へ行ってみよう!

クラブやゴルフ道具を持っていなくても、練習場でレンタルできる場所もあります。道具を揃えるとなると、お金もそれなりに掛かってしまうので、まずはレンタルでゴルフに慣れてみましょう!


ラウンドデビューしてみよう!

初めてゴルフ場をラウンドする場合には、経験者の方、年上の方とラウンドすることをオススメします。初心者の方は事前にマナーやエチケットを調べていても、プレー中は忘れてしまうものです。経験者の方、年上の方とラウンドしてプレーしながら教えて頂きましょう。




“飛ばす快感”・・・年齢、経験、性別、体力に関係なく
筋トレも練習もしないで400ヤードオーバーを叩きだし、ドラコンチャンプになった「最新スイング理論」
<< たった7分で50ヤード飛距離をさらにまっすぐ飛ばす、3つのポイントとは?
















































 ゴルフ初心者の練習方法  ゴルフ初心者スコア  ゴルフ初心者打ちっぱなし  ゴルフ初心者服装  ゴルフ初心者ドライバー  ゴルフ初心者スライス  女性ゴルフ初心者  ゴルフ初心者入門  ゴルフ初心者のスコアアップ  ゴルフ初心者 クラブ  ゴルフ 初心者 セット        ゴルフ 初心者 練習     ゴルフ 初心者 クラブ     ゴルフ 初心者 スコア     ゴルフ 初心者 レッスン     ゴルフ 初心者 ドライバー     ゴルフ 初心者 コース     ゴルフ 初心者 アイアン     ゴルフ 初心者 女性     ゴルフ 初心者 道具 
ゴルフ初心者の練習方法